ノウハウのハウノ

アプリ・webサービスのノウハウ(使い方)を紹介するノ!

過去のツイートを全削除できる黒歴史クリーナーの使い方

Twitterには、すべてのツイートを削除する機能がありません。なので、一つひとつチマチマと消すか、潔くアカウントを非公開・削除してしまう人も多いでしょう。

でも待ってください。実は、「黒歴史クリーナー」というサービスを使えば簡単に全ツイ消しができます。実際に筆者も試してみて全部消せました。今回はその使い方を、実際の画面をお見せしながら紹介します。

まずTwitterログイン

まず、サイトにアクセスしてTwitterと連携します。ツイートを消したいアカウントでログインしましょう。ログインしていない(できない)アカウントのツイートを削除することはできません。

kurorekishi.me

ログインすると、こんな画面に移動します。

ログイン後の画面

注意書きにも書いてある通り、ツイートを復元する機能はないのでよく考えてから使いましょう。また、削除したのにツイート数が減らない現象も起こり得ますが、一時的なものなので気にしなくて大丈夫です。

「削除設定ページへ」から次へ進みます。

オプション設定する

リプライだけは削除せずに残したり、期間を指定したりと便利な機能が利用できます。

また2種類の削除方法があり、それぞれ制限やオプション機能に差があります。
2段目「ツイートの取得方法」の欄で、「タイムライン」または「全ツイート履歴」のどちらかを選びます。

方法1. タイムラインを取得して削除

「タイムライン」削除の画面

サービス側でタイムラインを取得して、自動で削除する機能です。
Twitter側の制限だと思われますが、3200件までしか削除できません。
あと、イイネされた(ふぁぼられ)ツイートを削除から除外するオプションが選択できるのが特徴。

方法2. 全ツイート履歴をアップロードして削除

「全ツイート履歴」削除の画面

TwitterのWebサイトから「全ツイート履歴」データをダウンロードし、それをアップロードすることで全てのツイートを削除する方法です。こちらは件数の制限はありません。

ただしパソコンが必要です。スマホからは基本的にそのデータをダウンロードできないためです。また、ふぁぼられ除外のオプションも選ぶことができません。

Web版Twitterの画面

データをダウンロードするためには、まずWeb版Twitterにアクセス、右上のメニューから「設定とプライバシー」にアクセスします。

そのページの一番下へ移動すると、「全ツイート履歴をリクエストする」というボタンがあるのでクリック。あくまでもリクエストであり、すぐデータをダウンロードできるわけではありません。

ツイートの量にもよりますが、数日内に登録メールアドレスへとダウンロード用のリンクが送信されます。

処理を待つ

待機画面「処理が開始されるのを待っています…」

「削除を開始する」ボタンをタップした後、このような表示になります。意外と時間がかかるので気長に待ちましょう。

混雑度・処理中人数・処理対象件数

「show more status」と書いてある青い文字のところをタップすると、サーバーの処理状況を確認することができます。

完了!

完了画面「完了!」

完了したらこのような画面になります。

ツイート「ツイ消ししましたっ」

Twitterにはこんなツイートが投稿されています。すぐに削除してしまってよいでしょう。

以上の操作で、簡単に過去のツイートを削除することができました。皆さんもぜひ困った時に試してみてください!

このサービスの最新情報は下記のブログにて発信されています。

blog.kurorekishi.me

本当は怖いソーシャルメディア (小学館101新書)

本当は怖いソーシャルメディア (小学館101新書)

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)